小顔に見える髪形やベースメイク・眉の書き方などをまとめました!

このサイトは、学生時代男子から「おかめ」とあだ名をつけられる程の「しもぶくれ顔」に悩んでいた私が、美容クリニックの脂肪溶解注射BNLSに出会い、実際に小顔に変身するまでの体験記や、施術までに調べた情報をまとめたサイトです。同じ悩みを持つ方の元に届きますように!

  1. いつもと少し変えるだけ!小顔に見えちゃう髪型やメイク伝授

小顔に見えちゃう髪型やメイク

ヘアメイクによるごまかし術は女の子だけに与えられた特権です。髪型やお化粧を変えるだけで「小顔になったかのように見える」なら利用しない手はありません。

中にはちょっと強引な荒技もありますが全部私が長い間実践してきたものなのでご紹介させて頂きたいと思います。

メイク編:眉の書き方

日本人の顔は欧米人の顔に比べると平面的な印象を与えます。これは遺伝的に頬骨や鼻が低く目が小さいので仕方がないことですが、平面的な顔ほど「大きく見える」ことは間違いありません。

顔に立体感を持たせるのに一番重要なパーツが「眉」です。顔の奥行きは「眉山」から生まれてくるので、この眉山の位置をしっかりと決めることで顔を小さく見せることが出来ます。最も小顔効果の高い眉山位置は「黒目の外側から目尻の間」だと言われていますので、意識して眉を整えるようにしてみて下さいね。

メイク編:シャドウ

顎のライン・デコルテのラインがすっきりほっそりしていると小顔に見えます。普段お使いの「ノーズシャドウ」や「アイブロウパウダー」を使って顎やデコルテの影になっている部分を強調して行きましょう。少し大胆ですが、大き目のハケを使って首や胸元にもシャドウをはたいていきます。

メイク編:チークとハイライト

濃いチークを頬骨に丸く入れると可愛いイメージになりますが顔全体が膨張して見えるので、小顔メイクをするなら逆効果です。チークを入れる場合はナチュラルカラーを頬骨からこめかみに向けてサッと入れ、シャープな印象を与えましょう。

またハイライトは広くつけ過ぎると、照明がその部分を反射させて普段より大きい顔に見せてしまうので要注意。

髪型編:サイドを隠し厚めの前髪を作って小顔に

顔の輪郭を前髪やサイドの髪で隠すことで小顔効果が得られます。

前髪は眉下まで切り、目のラインに沿ったギリギリの前髪にして、おでこを隠すのがポイント。左右どちらかに隙間を作ると顔の丸さが目立たなくなるので更なる小顔効果が得られます。

また、前髪同様に頬骨から顎にかけて落ちる顔周りの毛も大切なポイントです。輪郭を包みこむようにサイドの毛を内巻きにブローするとなおグッド。

髪型編:顔周りにボリュームを出して小顔に

小顔効果を狙うなら最終的なシルエットが最も大切です。小顔「黄金バランス」と言われているのが「ひし形シルエット」。顔周りにボリュームを出すことで高い小顔効果が期待出来ますよ!カラーが明る過ぎないのもひとつポイントになりそうです。

BNLS注射で化粧ノリが変わる?

小顔注射BNLSには、「オキナグサ」や「カラクサケマン」といった、植物由来の肌の再生を促す成分が多く含まれています。これにより美肌効果が高まりメイクのノリが良くなったり、「ニキビがなくなった!」と言った嬉しい声も。

ちなみに私がお世話になったのは銀座2丁目にある「銀座国際美容外科」さんです。こちらのBNLS注射は、韓国製の純正品を使用しているので安心して受けられますし、ドクターやカウンセラーの対応もとても親身です。施術も丁寧でダウンタイムもほとんどありませんでした。無料カウンセリングのご予約は直接クリニックにお問い合わせ下さい。

チェック!
  • 住所:東京都中央区銀座2-8-19銀座aビル4F
  • 診療時間:平日11:00~20:00
  • 電話番号:03-5579-9333

ページのトップへ