ボトックス注射と脂肪溶解注射の特徴や違いについてまとめました!

このサイトは、学生時代男子から「おかめ」とあだ名をつけられる程の「しもぶくれ顔」に悩んでいた私が、美容クリニックの脂肪溶解注射BNLSに出会い、実際に小顔に変身するまでの体験記や、施術までに調べた情報をまとめたサイトです。同じ悩みを持つ方の元に届きますように!

  1. ボトックス注射と脂肪溶解注射の違いって?

ボトックス注射と脂肪溶解注射の違いって?

小顔効果がある美容注射と言えば「ボトックス注射」が有名ですよね。私もBNLS注射の存在を知るまでは「ボトックス注射」が一般的な小顔治療法なのだと思っていましたし、その改良版がBNLS注射なのかと勘違いしていました。

調べてみるとこのふたつは全くの別物で、またどちらにも向いている人向いていない人が居るということも分かりました。

自分がどちらに向いているのか、一番はクリニックでカウンセリングを受けてドクターに判断して頂くことですが、正直ボトックスはBNLSの10倍近い料金なのでお金の準備も心の準備も事前にしておきたいのが本音です。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射とは、奥歯の噛みしめや歯ぎしりなどで発達した、エラの筋肉(咬筋)を萎縮させ、小さく薄くすることが出来る美容注射です。つまり、エラの部分の筋肉が大きく厚く発達して顔が横に大きく見えてしまう人に向いている施術になります。

本来は顔の表情筋によって出来る表情皺(目尻の笑い皺など)を弱らせる治療に使われていて、効果の実感までは最短でも1ヶ月程かかると言われています。

また、咬筋が萎縮した状態が定着するまでは、半年に一回程度注射を打ち続けなければならないので注意が必要です。

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、脂肪細胞やセルライトを溶かして体外へ自然に排出することが出来る美容注射です。施術直後から体内の脂肪細胞が破壊されていくため、軽い腫れやむくみ、内出血、筋肉痛のような痛みが出るケースがあります。こうした術後反応を最小限に抑えた脂肪溶解溶液を「BNLS」と言います。

BNLS注射は、筋肉ではなく「脂肪」によって顔が膨れていたり「二重顎」に見えてしまう人に向いている施術になります。

効果は早い人で翌日から、遅い人でも一週間後には実感出来ます。また、治療期間についても始めの一回で満足のゆく効果が得られたという人が多く、長くかかっても二回~三回の治療で終える人がほとんどです。

ご自分がどちらのタイプか判断が難しい場合や、どちらにも当てはまっているような場合には、やはり専門家の診断にお任せしましょう。安心してカウンセリングを受けられる優良クリニックを紹介して参りますので是非ご参考になさって下さいね。

ボトックス注射・脂肪溶解注射について相談出来る優良クリニック

ボトックス注射・脂肪溶解注射について相談出来る優良クリニック
総合評価第一位
銀座国際美容外科
どの施術もドクターの技術が高いためダウンタイムが短く、施術後の不安や心配に応えてくれる。
総合評価第二位
銀座よしえクリニック
BNLSおよび同様の薬剤が開発された当初から試験的に導入を行って来た実績がある。
総合評価第三位
青山セレスクリニック
ホームページで多くの症例写真を確認することが出来る。
湘南美容外科クリニック
通常1本8,600円(税込)のところ、モニターの場合4,980円で受けられる。
渋谷美容外科クリニック
肌治療専門医による体質や肌質の適確な見極め、万が一のトラブルや痛みに対する迅速・適切な対応。

ページのトップへ